長野県品質工学研究会メンバー執筆情報
 第1章:増田さん
 第3、8章:守谷さん
出版社名:日科技連出版社
出版年月:2006年6月
ISBNコード:4-8171-9183-X
税込価格:3,675円
【主要目次】
序章 タグチメソッド概論
第1章 パラメータ設計による最適化1 プレス打抜き加工における加工条件の最適化
第2章 パラメータ設計による最適化2 切削加工における加工条件の最適化
第3章 パラメータ設計による最適化3 めっきにおける加工条件の最適化
第4章 パラメータ設計による最適化4 口紅生産工程における成形条件の最適化
第5章 機能性評価1 簡便な実験装置を用いた潤滑油の機能性評価
第6章 機能性評価2 乾電池の機能性評価
第7章 MTシステムによる診断・予測1 用紙走行性に影響を与える用紙特性のMTシステムによる検討
第8章 MTシステムによる診断・予測2 TS法によるゴルフの獲得賞金予測
第9章 損失関数と許容差設計
第10章 オンライン品質工学
付録1 Excelで実践タグチメソッド
付録2 ゼロ点比例式と1次式のSN比の計算式
付録3 タグチメソッドに関する情報の入手先リスト
【主要内容】
本書は、タグチメソッドは知ってはいるが実際の業務で活用したことがない人、上手く活用できずに悩んでいる人のために書かれたタグチメソッド実践の手引書である。実際の業務でタグチメソッドを活用する際のポイント・注意点を経験豊富な著者らによる10の事例をもとに解説している。
事例は「パラメータ設計」、「機能性評価」、「MTシステム」、「損失関数」、「オンライン品質工学」のタグチメソッドの代表的な5つの手法を網羅。タグチメソッドが体系的に学べるようになっている。
さらに活用するうえで実際に技術者が直面する問題を演習問題として掲載している。演習問題では、必要な数値計算のほか、タグチメソッドの考え方も学べるようになっている。これらの問題の解説部分はすでにタグチメソッドを活用している人にとっても参考になる。