NQES blog
NQESのホームページはこちらです。
新着アーカイブ
▼品質工学会誌(2017年10月号)
(2017/10/16 10:42)
▼品質工学会誌(2017年8月号)
(2017/8/21 09:53)
▼品質工学会誌(2017年6月号)
(2017/6/25 10:03)
▼品質工学会誌(2017年4月号)
(2017/4/22 16:36)
▼品質工学会誌(2017年2月号)
(2017/3/3 10:41)
▼品質工学会誌(2016年12月号)
(2016/12/24 12:27)
▼品質工学会誌(2016年10月号)
(2016/10/31 10:19)

新着コメント
▼品質工学会誌(2008年4月号)
by 濱田 郁郎 (05/13)

新着トラックバック
新着トラックバックはありません

品質工学会誌(2010年2月号)
長野県品質工学研究会
 2009年11月19日(木)、第7回研究会を日精樹脂工業株式会社(長野県埴科郡坂城町)にて開催した。会社見学および2つの事例発表についてディスカッションした。
【会社見学】
研究会は通常、長野県工業技術総合センター精密・電子技術部門(長野県岡谷市)にて開催しているが、定期的に会員企業にて開催するようにしている。
今回は日精樹脂工業株式会社にて開催した。内容は、以下の通りである。
・会社紹介:企業理念や業務内容についての紹介
・成形実演見学:拡大レンズの樹脂成形工程の実演(樹脂成形の仕組みの理解)
・工場見学:各種成形機の組み立て工程の見学
・資料館見学:歴代の成形機の発展と歴史の紹介
【事例発表】
(1)「MT法を用いた製品欠陥の検出」(KOA(株)守谷敏)
小形の薄膜抵抗器は、欠陥がある製品を出荷時の抵抗値測定により除いている。しかし、客先での通常より厳しい使用条件下では、不具合の発生を十分に防ぐことができない。これは、抵抗値に現れない欠陥の影響によるものである。そこで、抵抗値以外の特性値と、MT法を組み合わせた検査システムを検討した。良品と判断される製品の特性パターンを単位空間として、不良品のMD値を求めてみると、閾値3で良品と不良品を判別できることがわかった。この検査システムにより判別した良品は、客先の要求を十分満たすものとなった。
(2)研究発表大会発表章賞金賞受賞記念講演「直動すべり摩擦におけるしゅう動特性の研究」 (日精樹脂工業(株) 常田聡)
QES2006にて、直動滑り摩擦の実験装置を用いた摺動特性の評価に関する研究発表を行った。往復運動が可能な小型の実験装置にて、アモントン-クーロンの摩擦の法則より、滑り摩擦面に負荷される荷重を入力としてその時の消費電力を出力とした機能を考え評価した。その結果、SN比の利得が再現せず、納得のいく結論を得ることができなかった。
そこで、実験装置の機能をおもりの移送システムと考え、評価をやり直してみた。各因子を見直して解析したところ、利得の再現性が向上し技術的な面でも納得性が高い結果が得られた。単に科学の法則を利用するのではなく、システムの機能をきちんと考えたことが成功につながった。

続きを読む...
 
コメント(0) / トラックバック(0)品質工学会誌の広場の記事
2010年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

カテゴリー
品質工学会誌の広場の記事(68)
お知らせ(1)

月別アーカイブ
2017年10月(1)
2017年08月(1)
2017年06月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(1)
2016年12月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(1)
2016年07月(1)
2016年05月(1)
2016年02月(1)
2015年12月(1)
2015年11月(1)
2015年08月(1)
2015年06月(1)
2015年05月(1)
2015年02月(1)
2014年12月(1)
2014年10月(1)
2014年08月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(1)
2014年02月(1)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年06月(1)
2013年04月(1)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年07月(1)
2012年04月(1)
2012年02月(1)
2011年12月(1)
2011年10月(1)
2011年08月(1)
2011年06月(1)
2011年04月(1)
2011年02月(1)
2010年12月(1)
2010年10月(1)
2010年08月(1)
2010年05月(1)
2010年04月(1)
2010年02月(1)
2009年12月(1)
2009年10月(1)
2009年08月(1)
2009年06月(1)
2009年04月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(1)
2008年10月(1)
2008年08月(1)
2008年06月(1)
2008年04月(1)
2008年02月(1)
2007年12月(1)
2007年11月(1)
2007年08月(1)
2007年07月(7)